English

第2回情報銀行・パーソナル情報利活用アイデアソン

2016年2月8日(月)


開催にあたって

大量の情報を解析し有益な情報を生み出すことは現代社会における大きな課題の 一つです。 中でも位置情報、健康情報をはじめとしたパーソナル情報は、直接人々の安全や 健康 に貢献できると期待されています。特に、マイナンバーが開始されたこと を受け、パーソナル情報の保護と利活用は社会的にも高い関心を集めています。

パーソナル情報を有効に利用するためには、様々なサービス事業者がパーソナル 情報を取り扱う必要があり、情報を利用する側も提供する側も安全・安心 かつ 効果的に社会に価値を還元できる環境を整備することが急務となっています。 「情報銀行」は利用者からパーソナル情報の信託を受けることで、統合的な情報 の集約や利用を安全かつ効果的に推進しようというアイデアから生まれました。

このアイデアソンでは、多岐にわたるパーソナル情報の利活用分野について皆様 との議論 を通じて具体化して参ります。

パーソナル情報の利活用を介した新たなサービスの創出や社会課題の解決に御興 味・御関心のある皆様の御参加をお待ちしております.

会場
慶應義塾大学 大阪シティキャンパス Room1
主催

東京大学空間情報科学研究センター
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
インフォメーションバンクコンソーシアム

プログラム
12:30 受付開始

13:00-13:10 挨拶
 東京大学空間情報科学研究センター 教授 柴崎亮介

13:10-13:20 開催趣旨説明
 東京大学地球観測データ統融合連携研究機構 特任研究員 金杉洋

13:20-13:50 基調講演 「医療とパーソナル情報」
  京都大学医学部附属病院
  京都大学大学院情報学研究科 教授 黒田知宏

13:50-14:00 グループ分け

14:00-14:30 ICE break

14:30-17:30 ディスカッション

17:30-18:00 結果発表
参加申し込み
アイディアソンに参加される方は、お手数ですがこちらからお申し込み願います。
※セキュリティ上申し込みページ(google docs)にアクセス出来ない場合はお手数ですが事務局(info-bank-inq@kmd.keio.ac.jp)へメールで氏名、所属、メールアドレスをお知らせください。
※お申込のキャンセル・お問合せは、事務局(info-bank-inq@kmd.keio.ac.jp)までお願い致します。